2016年 8月

  • TOP
  • 2016年 8月
No.41「元宵節の風俗」で香港の元宵節について書きましたが、今回の広東旅行も最終日が元宵節でしたので、今回は […]

MORE

今年の3月、研修を兼ねて調理場全員で広東省に行きましたが、そこで食べた風変わりな卵料理「炖禾虫」をご紹介しまし […]

MORE

現在中国語では卵を「蛋」と書きます。日本語でもタンパク質は「蛋白質」と書きますから「蛋」に卵の意味合いがあるの […]

MORE

No.55寒食節と杏仁豆腐 冬至から105日、あるいは106日目、旧暦の3月5日を「寒食節」といい、3日間火を […]

MORE

ここで「ナズナ饅頭」(萕菜包子)の作り方をお教えしておきましょう。 1)ナズナは根ごと引き抜いて泥をよく洗い流 […]

MORE

篠田統氏は「近世食経考」の中で中国の料理書を「食単類」「佳肴類」「殊品類」「清供類」に分類されています。「清供 […]

MORE

私が六本木四川飯店で修行していた頃、1月になると決まって胡麻団子や小さな白玉団子を作ってデザートに出していまし […]

MORE

旧暦1月15日は新年になって初めて満月を迎える日であるため、この日を元宵節と呼んでお祝いします。古くは「上元」 […]

MORE

今では一年中食べられる餃子ですが、本来は大晦日に食べる風習があります。夜中の12時が「子ねの刻」呼ばれていた時 […]

MORE

旧暦9月9日は重陽節、日本では「菊の節句」などと呼ばれ、陽暦で今年は11月1日がこれにあたります。テレビのニュ […]

MORE

日本と中国の食文化は色々な点で異なりますが、日本では魚貝を中心とした食文化が発達したのに対し、中国では肉類を中 […]

MORE

中国料理の高級材料の1つに海参(干しナマコ)があります。日本人は生のナマコを酢の物で食べることが多いので、コリ […]

MORE

苦瓜は近年人気が高まり、日本の食卓に一年中見かけられる野菜となりました。香港の料理店では苦瓜を涼瓜と呼んでいま […]

MORE

西太后に仕えた徳齢女史の随筆『御香縹緲録』には西太后が好んだ夏の瓜料理の1つとして「西瓜盅」が登場します。作り […]

MORE

夏が近づくと瓜類が旬を迎えます。冬瓜は沖縄産が4月末から出荷され始め、次第に北上して8月まで出回ります。白瓜、 […]

MORE

食材の研究に関して 総料理長 山中 一男は、様々な食材の研究を長年続けて参りました。 ここでは、主にお店で使用 […]

MORE

<着席フルコース付き> 20~30名様まで 1名様/20,000円(税別)より承ります。 内容 フルコース 1 […]

MORE